初心者から始める簡単MT4入門

MT4とは何か?

MT4とは、ロシアのメタクォーツ社が開発した世界中で利用されているFXトレーディングソフトのことです。非常に高性能・高機能で、その上無料で利用することが出来ます(各FX取引会社の利用料等は当然ながら必要です)。一般的には、MT4、一般的にMT4と略されるソフトがよく利用されています。なおMT4の最新版は5なのですが、ソフトの機能として5よりも4の方が優れているので、そちらはあまり利用されていません。

 

MT4はリアルタイムで様々な指標やテクニカル分析を表示したチャートを複数表示出来る機能や、デモ口座機能などがあります。基本的な分析機能はMT4に搭載されていますし、MT4は世界中で利用されているので、様々な独自の分析ツールが無料・有料を問わず配布されています。プログラミングが出来るのであれば、自分でオリジナルの指標を作成することも出来るのです。しかしMT4最大の目玉は、なんといってもエキスパートアドバイザー(EA)が利用出来ることでしょう。

 

EAを利用すると、パソコンの電源がついており、MT4が起動されている間、EAの設定に従ってパソコンが自動的に取引をしてくれるのです。EAはプログラミングの知識があれば自分で製作することも出来ますし、他の方が作ったEAを導入することも出来ます。こちらも無料の物もあれば、有料で購入することも出来ます。White BearやBandCrossなどが有名でしょうか。

 

自動売買が信用出来ない、という方でも、MT4にはバックテストという機能があり、過去の値動きでどのようにEAが動き、どのくらいの損益が生まれたのかを確認することも出来るのです。あくまでも過去のデータであり、今後の取引の成功を保証するものではないのですが、正しくプログラミング出来ているか、正しく導入出来ているかの確認にはなるでしょう。MT4国内業者を使ってを導入し、世界中の実績あるトレーダーの分析やその手法を利用しましょう!

 

 

MT4の優れている点は

 

MT4は優秀な自動売買のチャートソフトという大きな長所があります。FXを専門に行っている人でもない限りなかなか相場の前にはりついてトレードを行うのは難しいです。しかしMT4を利用した自動売買システムは無数に提供されているので、この中から適したものを選んで利用することが出来ます。自動売買であれば発注から決済まで全て自動で行ってくれるので、相場の前にはりついている必要は全く無くなります。確認するのはその自動売買システムの成績だけで利益や損益に対して注意していけばいいだけです。

 

MT4で利用出来る自動売買システムは無料のものから有料のものまで無数にあります。この中には回収率の高い何千ドルもするような高価なものも含みます。どういったものを選択していけばいいかはインターネットを上手に利用して評判のいいものを探していくことが得策です。自動売買プログラムの過去のデータというものはあまり信用しない方が無難です。バックテストといって過去の成績がどうであったかを示すデータなのですが、都合のいいようにプログラムをなおされているような悪質なものもあります。

 

自動売買で重視しなければいけないのはフォワードテストというもので、これであれば今現在の取り引きデータになりますからデータ自体に信頼感があります。そしてフォワードテストで重要な部分が儲けの他に含み損になります。データ上は順調に儲かっているように見えても口座の有効残高という部分で大きく含み損を抱えてしまう可能性があるからです。これは選ぶ自動売買プログラムがナンピンに対応するものであったりした場合は、特に大きく含み損を抱える可能性があります。この場合に口座を維持出来るだけの資金をきちんと準備しておく必要が出てきます。フォワードテストは現在のプログラムの成績がすぐにわかりますからリスクが非常に小さくなります。自動売買同士で補完しあうものもあるので両方稼働させればリスクを軽減出来ます。

 

 

モバイル環境でのMT4

 

FXの取引は、かつてはパソコンで行うの主流でした。というよりも、一般的な個人投資家はパソコンでしか取引できない状態が続いていたと言えるでしょう。しかし、ここ最近になってスマートフォンやタブレットなど、モバイル環境を利用できるようになってきました。スマホでFXの取引を行うという人も増えてきています。このような状況に合わせて、MT4もモバイル環境で利用できるアプリが開発されています。

 

少し前からスマートフォンやタブレットでFXの取引をする人はいましたが、アプリと指定提供されているものは機能が制限されていることもありましたから、使いにくかったと言えるでしょう。また、スマートフォンやタブレットはパソコンに比べると画面が小さいために、分析が難しいというデメリットもありました。そのために普及は進まなかったと考えられます。パソコンで分析をして、外出中などには補助的に用いると言った方法が取られていたようです。あくまでもメインではなくてサブの端末としてモバイルが用いられています。MT4はモバイル環境でも利用できるようになり、機能も充実しています。パソコンで利用するソフトウェアと同じくらいの機能を備えていると考えられます。

 

スマートフォンやタブレットのアプリは、まだ使われるようになったばかりですから、操作性などの問題もあるようです。バグが発生しているという報告もあるようですから、端末によっては使いにくいかもしれませんが、すでにいろいろな機能を搭載したソフトウェアとして何万人かの人が利用しています。ただ、現在の状況を考えてみると、パソコンからモバイル端末への流れは止まらないでしょうから、今後も開発は進められていくと考えられます。現在ではパソコンで取引をするのが主流ですが、今後はモバイル端末でFXの取引をする人は増えていくと考えられます。その際には、MT4での取引もメジャーになってくると考えられます。

投資関連の商品で稼ごうと思うのであれば、当然ですが元資金は必要になります。少なくとも無一文から稼ごうと思うのは、明らかに無理があるでしょう。現在の資金を増やすのが目的の商品なのですから、どうしても元資金は必要ですね。
ところでFXという商品では、ある程度まとまった金額が必要な一面があります。例えばある金融会社では、100万くらいのお金を用意しておくべきだとアピールしているのですね。つまり初期投資金は、その会社の場合は100万前後という事になります。
それと会社によっては、初回入金というシステムがあります。まずその会社の所定のお金を預けないと、口座がアクティブにならないのです。もちろんアクティブにならなければ、売買をスタートさせる事もできないでしょう。
ですのでお金を準備しておく必要があるのですが、そもそも100万はかなりまとまった数字になります。簡単に稼ぐのは難しい数字だとの意見もあるでしょう。
ですが、それもやり方次第だと思いますね。ちょっと情報を調べてみると、意外と簡単にその資金は捻出できると考えられるのです。それがキャンペーンですね。
多くの金融会社では、口座を作ることに伴うキャンペーンの情報をアピールしています。たいていは口座を作って、所定の取引を行う必要があるのです。それで所定の条件を満たすと、キャッシュバックが発生するというパターンが多いですね。
そのキャンペーンは、利用しない手はないと思います。次々に色々な会社のキャンペーンに応募して、とにかくお金を稼ぎ続けると良いでしょう。
ちなみに私は以前に、あるFXの情報サイトにて、非常に多くのお金を稼いだとの話が書かれていたのを見た覚えがあります。前述のようなキャンペーンに次々に応募して、そのトータル金額が100万円以上になったようなのですね。100万という数字は、前述の金融会社の元資金とほぼ一致するでしょう。
ですのでまずは色々な会社のキャンペーンに応募して、元手を稼いでみると良いのではないでしょうか。ただしリスクはある商品なので、IFO注文などは駆使するべきだと思います。

続きを読む≫ 2015/11/20 09:40:20

投資で売買をしていますと、たまに勢いを知りたいと思う場合があります。
そもそも外貨の動きには、状況によって勢いが大きく異なるものなのですね。それがかなり強いタイミングもあれば、少々弱めなタイミングもあるのです。
そして多くの方々は、前者のタイミングを狙っている傾向があります。なぜなら勢いが強い状況ですと、それだけ動きも強力だと判断できるからです。その動きに乗るのが大きな利益を得るための秘訣の1つなので、できるだけ強いタイミングを察知したいと考えている方々は珍しくありません。
ではFXでは、どうやってその勢いの強さを調べる事ができるかと申しますと、移動平均線に着目してみるのが良いのではないでしょうか。多くの方々は用いている、とてもメジャーなツールの1つですね。
そのラインの傾きを見てみると、急になっている時と、緩やかな時があります。後者の傾きは、いわゆる水平に近いものですね。そのラインの傾き具合によって、前述の勢いを察知する事ができる訳です。
まずラインが水平状態になっている時には、ちょっと売買を控える方が良いとの意見が根強いです。というのも水平状態になっている時は、勢いが感じられないケースがほとんどなのですね。いわゆるトレンドレスの状態になっているケースはほとんどなのですから、ちょっとそこでは稼ぎづらい一面があります。
ところがラインが強く傾いている時は、また話は別なのです。移動平均線がかなり急な上り坂になっている時は、それだけ勢いも強いと考えて良いでしょう。ちなみにそのタイミングは、もちろん急激な上昇トレンドが発生している事になります。そのようなタイミングでは、FXの買い玉を保有する方が良い訳ですね。
多くの方々はそのラインのツールを、ロウソクとの位置関係で判断している傾向があります。しかしそれだけでなく、そのラインの傾きに着目をしてみれば、トレンドの強さを察知する事もできる訳ですね。大きく稼ぎたい時には、その傾きに着目してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/20 09:38:20

人はお金を稼ぐために何らかの仕事をして毎月一定の額の給料をもらい、その給料の額の範囲内で毎日生活をすることになります。
そして人が仕事をすることによって勤務先からもらうことのできる給料の額は仕事をしている内容やその人の能力などでいろいろ変わってきますが、たくさんの給料をもらえる人はそれほど多くなく、大多数の人はあまり多くの給料をもらうことはできません。
しかしもらう給料の額が少ないといい生活をすることができないので、人はより多くを欲しいと思います。
そのため社会人がより多くのお金を手に入れるために副業をする人も多いです。
そして副業をする方法にはいろいろな方法がありますが、社会人が副業をするのであれば本業に支障のでない自宅でできる副業がいいと言え、その中でもFXが最適であると言えます。
FXとは別名外国為替証拠金取引と呼ばれていて、いろいろな国の通過を売買することによって為替差益を獲得して利益を上げる投資のことで、取引は平日の外国為替の取引が行われている日であればいつでも取引をすることができるので社会人が仕事が終わって帰宅してからでも取引をすることができるのが魅力の一つです。
そしてFXの取引をして副業をすることによって収入アップをしている社会人も少なくありません。
また中にはFXの取引で自分が勤務先からもらっている給料の額以上を稼いでいる人もいるくらいです。
社会人が副業をするのであればFXの取引をするのがいいです。

続きを読む≫ 2015/11/13 16:08:13

投資を行う場合、結構時間的な制約とかがある事も少なくありません。
その為仕事をしている人などはなかなか自分が思うように行うことが出来ないことも良くある話です。
またそれを始めてみたいと思っても、自己資金が少々足りなくて断念せざるを得ないなんて言う人もいるでしょう。
その点からいくと、FXはかなりメリットがある投資の方法と言えます。
まず一つ目は、24時間365日取引をする事が出来るという事です。
世界各国の通貨で取引をする為、トレーダーも世界各国にいるし、市場も様々な国の物を利用する事が出来ます。
その為どんな時間帯であってもどこかの国の市場は開いている状態となっているので、いつでも自分のタイミングで取引をする事が出来る点は大きなメリットです。
また最小取引単位がとても小さいので、自己資金が少なくても始める事が出来ます。
だから初心者にとってもちょっとチャレンジしてみようという感じでも楽しむ事が出来るのです。
とはいえ、少しの資金ではそれほど大きな取引が出来ないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、その点に関する心配は不要です。
レバレッジを利用すればかなり大きな取引をする事もできるようになります。
(ただあまりにも大きく掛け過ぎると損失が出た時も大きくなってしまうので、初心者は3倍から5倍程度で押さえておくのがお勧めです)それ以外にも取扱銘柄が少ないなど、FXには他の投資方法に比べて様々なメリットがあります。
実際にそれにチャレンジしようと思っている人は、それについて十分理解してから行うようにするのがお勧めです。

続きを読む≫ 2015/11/13 16:08:13

現在人気がある投資の中でも、トレーダーが世界各国に居るのがFXです。
少額で始められるし、扱っているのも各国の通貨なので分かりやすい等が大きな魅力でしょう。
しかし初心者がそれを始める時は、いくつか知っておくのがお勧めな事があります。
その一つは投資であってギャンブルではないということです。
勿論利益を求めてそれを始めるわけですが、あくまでも投資なので一攫千金を狙うのはやめましょう。
特に初心者はとっさの判断や十分なリスクマネジメントが出来ていないことも少なくありません。
その為損失が出てしまっても損きりする事もなく、自己資金が激減してしまう可能性もあるのです。
そこでお勧めなのは、出来るだけ堅実に取引をするということで、そうすれば大きな損失が出ないので長くFXを続けられるようになります。
二つ目はリスクマネジメントをしっかりとしておくということです。
必ず利益が出るわけではなく、場合によっては損失が出てしまう事も少なくありません。
そんな時どうする必要があるのか、どうすべきかをあらかじめ準備・対応できているのと出来ていないのとではかなり違います。
従って様々な可能性を考えて色々と準備をしておくようにしましょう。
三つめは出来るだけサポート体制がしっかりとしている業者を利用するようにするということです。
FX業者は一度決めたら一生そこで取引をするしかないというわけではありません。
慣れるまではちょっとしたトラブルでも慌ててしまう事があるので、そういう時に手厚いサポートをしてくれる業者で口座開設をし取引するようにしましょう。

続きを読む≫ 2015/11/13 16:08:13

テレビ番組やインターネットの情報の中には、FXについて紹介する情報もあり、興味を持ち始めたという方も多いのではないでしょうか。
インターネット環境とパソコンがあれば、誰でも参加できるチャンスがあるので、挑戦してみたいという考えを持っている方もたくさんおられる一方で、ハイリスク、ハイリターンの面もあるので、何となくはじめることに不安を感じてしまう方もおられると思います。
興味があるけれど、漠然とした知識しかないこともあり、なかなか行動に移せないという方は、初心者向けの情報を集めてみることをおすすめします。
FXに関する入門書も本屋さんや通販サイトなどで手軽に購入できますし、初心者向けの情報サイトもあるので、これらの情報を参考にすることで、まず、基本からしっかりと知識を身につけていくことができますよ。
また、身の回りにFXをはじめている方がいれば、話を聞いてみることもより詳しくいろいろなことを知ることができるきっかけとなるので、おすすめです。
最近は、主婦の方も取引に参加するようになり、周囲を見てみると、始めている方々を意外と見つけることができると思います。
その方々も、もちろん、はじめは初心者からスタートしているので、分かりやすく教えることができる方を見つけることができるかもしれませんし、オススメの入門書や基本から学べるセミナーなどを紹介してくれるかもしれません。
このように、漠然とした知識しかない方は、まずわかりやすく学べる方法を見つけてみることが大切です。

続きを読む≫ 2015/11/13 16:08:13

FX(外国為替証拠金)取引をする場合に先ず知っておきたいことは円高/円安の意味です。今の日本はアベノミクスの金融緩和により円安がかなり進みました。2年ほど前は1ドル=80円であったものが、今では1ドル=120に接近しています。円安と言うが80円から120円と高くなっているではないかと思う方もあると思います。  

 

これは次の説明で分かってもらえると思います。1個1ドルのモノを買う場合、為替レートが1ドル=80円であれば円ベースで80円を支払って買うことができます。ところが、1ドル=120円になれば、120円を出さなければ買えません。  

 

ドルベースで見た場合は、同じ1ドルの買い物なのですが、円ベースでみると40円も多く円を払わないと同じ1ドルのモノを買えないのです。つまり、ドルに対して円の価値が下落したことを意味します。この現象は、ドルに対して円安が進んだと言うことになります。  

 

海外の通貨投資の鉄則は、将来強くなると予想できる通貨で運用することです。例えば将来米ドルが強くなると判断すれば、ドル建ての金融商品で運用します。仮に1ドル=120円でドル建ての金融商品を購入し、のちに1ドル=130円までドル高円安が進めば、1ドルにつき10円分の為替差益が得られることになります。  

 

外国通貨を買うのは株式と同じで、将来高くなると思う通貨を買えば利益を得ることができます。現在強い通貨は米ドルや豪ドルです。経済力の強い国や地下資源などを豊富に持つ国の通貨です。それに流動性の高い通貨を買うことも大切です。

続きを読む≫ 2015/11/13 16:07:13